麻雀情報サイト

渋谷ABEMAS

オーナーは株式会社サイバーエージェント。Mリーグ発足時の2018年から参入。監督は藤田晋さん。監督の藤田晋さんはサイバーエージェントの社長で、最強位の経験もあり麻雀の実力は折り紙付き。

メンバー

レギュラーシーズン成績

年度 多井隆晴 白鳥翔 松本吉弘 日向藍子
2018 476.3 -313.8 22.1  
2019 211.4 290.2 -246.3 18.6
2020 234.4 109.7 272.5 38.1
2021 242.2 108.8 145.7 -168.5
通算 1164.3 194.9 194.0 -111.8

チーム順位

  最終順位 セミファイナル レギュラー
2018 3位 - 2位
2019 3位 3位 2位
2020 3位 1位 1位
2021 3位 3位 2位

概略

2018シーズンのドラフト会議で、ドラフト1巡目「多井隆晴」プロ2巡目で「白鳥翔」プロ3巡目で「前原雄大」プロを獲得して作られたチーム。RMU代表・SSS級ライセンスの多井隆晴プロをドラフト1位で指名。2巡目で白鳥翔プロ、3巡目で最年少Mリーガー松本吉弘プロを獲得。対応力が高く攻守のバランスに優れたチームです。
2019シーズンからは契約選手の上限が3名から4名に、男女混成でチームを構成することがルール化されたこともあり、2019シーズンに「日向藍子」プロを獲得

2020シーズンはレギュラー、セミファイナルと大きな差をつけて首位で通過したものの、辛くも4位でセミファイナルを通過した風林火山の勝又健志プロに7戦5トップと猛追され、惜しくも3位という結果に終わる。

2021シーズンは日向プロがレギュラー序盤こそ調子を落とすものの、例年通り安定した麻雀で危なげなくセミファイナルに進出。セミファイナルではレギュラー好調だった多井プロが調子を落とすも、白鳥プロが100ポイントオーバーの活躍でチームを引っ張りファイナル進出。ファイナルでは最終日逆転のチャンスを見せるもサクラナイツ・フェニックスにあと一歩及ばず4年連続の3位という結果に。

チーム全員がバランス型・もしくは守備型のスタイルで大崩れが少なく、開幕から4年連続3位の安定感のあるチーム。

外部リンク

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved