麻雀情報サイト

忍田幸夫

競技麻雀のプロ、忍田幸夫(おしだゆきお)プロについてです。所属団体・獲得タイトル・生年月日・出身地・血液型・選手の雀風や特徴などを記載しています。

プロフィール

名前 忍田幸夫
読み おしだゆきお
愛称
所属 麻将連合-μ-
生年月日 1964年3月
出身地 東京都
血液型

麻将連合-μ-認定プロ。同団体代表。

麻将連合-μ-の公式サイトの選手プロフィールに「昭和と平成のハイブリッド」とあるように、プロ歴も長くベテランの部類に入るが、雀風は現代の主流といわれるスタイルに近い。自在な鳴きで積極的に上がりを狙うスタイルで、受けに回れば短い手配でもしっかり降り切る守備力も兼ね備える。

将王を5期獲得している麻将連合屈指の実力者。第20期将王決定戦優勝で優勝したことにより、通算5度目の将王獲得となり、団体初の「永世将王」となる。麻将連合の中でも小林剛プロと忍田幸夫プロは飛びぬけて知名度が高い。

現在使われている牌効率という言葉は「牌効率打法」として忍田プロが世間に広めたとされている。

団体の代表でありながら現在でも精力的に活動し、多くのタイトルを獲得する名実ともに麻将連合-μ-を代表する選手。

獲得タイトル

外部リンク

関連項目

※選手名で検索できます。

スポンサードリンク

ルール・点数計算

競技麻雀プロ

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved