麻雀情報サイト

符の計算

ここでは符の計算方法について解説しています。具体的には以下の項目に符がつきます。これらをすべて加算して10単位で切り上げたものが値となります。例として合計32符の場合、切り上げて40符となります。

基本符

基本符とは、あがったときに必ずつく符で副底(フーテイ)ともいいます。どんな手でもあがると、20符が与えられます

あがり方につく符

門前(メンゼン)ロンあがりした場合、10符が与えられます。門前加符(メンゼンカフ)ともいいます

自摸(ツモ)あがりの場合、2符が与えられます。これは門前(メンゼン)でも鳴いていてもつきます。ただし、平和をツモあがりした場合は例外となりツモ符はつきません

牌の組み合わせにつく符

雀頭(ジャントウ)と面子(メンツ)によってつく符は以下のとおりです。

  中張牌(数牌の2~8) ヤオ九牌(1・9・字牌)
雀頭(ジャントウ) 雀頭2
0符
雀頭
2符(役牌のみ)
明刻(ポン) 刻子(コーツ)2
2符
明刻2
4符
暗刻(アンコ) 暗刻
4符
刻子(コーツ)
8符
明槓(ミンカン)
8符
明槓
16符
暗槓(アンカン) 暗槓
16符
暗槓2
32符

※中張牌(チュンチャンパイ)とは数牌の2~8のことで、ヤオ九牌とは1・9・字牌のことです。
※雀頭で役牌のみ2符つきます。オタ風は符はつきません。

待ちにつく符

テンパイ時の待ちの形につく符は以下のとおりです。

待ちの形
両面(リャンメン)待ち 両面待ち 0符
辺張(ペンチャン)待ち 辺張待ち 2符
嵌張(カンチャン)待ち カンチャン 2符
シャンポン待ち シャンポン シャンポン2 0符
単騎(タンキ)待ち 単騎待ち 2符

ノベタンは単騎待ちの扱いと同じで2符が加算されます。

例外

まとめ

まとめ
平和をツモあがりは20符
七対子は例外で25符
食い平和(鳴きピンフ)のロンあがりは30符

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved