麻雀情報サイト

多牌(ターハイ)の意味

多牌(ターハイ)とは、罰則の一つで手牌が通常よりも多い状態のことを言います。麻雀は13枚の手牌で山から順番に1枚ツモり、不要な1枚を河に捨ててあがりに向かうため、通常手牌は13枚(ツモ牌を含むと14枚)ですが、何らかの原因でそれよりも多くなってしまった場合、多牌といって罰則となります。課せられる罰はルールによって異なりますが、上がり放棄や罰符となります。反対に手牌が通常よりも少ない状態のことを少牌(ショーハイ)といいます。
多牌は比較的に起こりにくいチョンボですが、親番の配牌時の14枚あるときに間違って山から1枚ツモってしまった場合などに起こります。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

少牌(ショーハイ)
少牌とは、手牌が通常よりも少ない状態のことをいいます。
チョンボ
チョンボとは、間違いをおこしたり、ルールに違反することです。
あがり放棄
あがり放棄とは、その局はあがることのできない罰則のことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved