麻雀情報サイト

大明槓(ダイミンカン)の意味

大明槓

大明槓(ダイミンカン)とは、自分の手牌に同じ牌が3枚あるときに、他家が切った牌を使って槓子(カンツ)にすることです。他の人が牌を切った後に「カン」と発声して、自分の手牌の3枚と合わせて上記のように牌をさらします。カンをするとドラが一枚増え、リンシャン牌を一枚ツモります。アンカンと違って門前(メンゼン)扱いとはなりません。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

暗槓(アンカン)
暗槓とは、自分の手牌にある同じ牌4枚をカンすることです。
明槓(ミンカン)
明槓とは、大明槓と加槓のことです。
加槓(カカン)
加槓とは、副露した刻子に同じ牌を加えて槓子にすることです。
嶺上牌(リンシャンハイ)
嶺上牌とは、カンをしたときにツモる牌のことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved