麻雀情報サイト

中引っかけの意味

中引っかけ

2萬3萬4萬5萬5萬4ソウ5ソウ6ソウ4ピン6ピン8ピン中中中

中引っかけとは、中筋となる牌で待つことをいいます。上記のような手牌から「8ピン」を捨てて聴牌(テンパイ)をとった場合、河に「2ピン」と「8ピン」が並ぶことになり「5ピン」が待ち牌となります。このように中筋となる牌で待つことを中引っ掛けといいます。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

もろ引っかけ
もろ引っかけとは、リーチ宣言牌の筋の牌で待つことをいいます。
筋引っかけ
筋引っかけとは、自分の河に捨てている筋の牌で待つことをいいます。
後引っかけ
後引っかけとは、後から引っ掛け待ちの形になることをいいます。
中筋(なかすじ)
中筋とは、数牌で2筋にかかる牌の真ん中の牌のことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved