麻雀情報サイト

両面待ち(リャンメン待ち)の意味

両面待ち(リャンメン待ち)とは、あと1枚埋まれば順子が完成するときに、両側に受けがあることです。両側に受けのあるターツのことです。

両面待ちを持っていて、1ソウ4ソウを待つ形のことです。他には、ペンチャン待ちやカンチャン待ちがあります。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

辺張(ペンチャン)
嵌張とは、真ん中が埋まっていないターツのことです。
嵌張(カンチャン)
嵌張とは、真ん中が埋まっていないターツのことです。
三面待ち(サンメンマチ)
三面待ちとは、受けが3種ある待ちのことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved