麻雀情報サイト

7枚形を覚えよう3

7枚形の中でもカンツ含み(4枚使い)のものを紹介しています。

カンツ+数牌+トイツの連続形

2・2・2・2・3・4・4
カンツ+数牌対子(トイツ)の連続形です。待ち牌は最大で「3種9牌」になります。「1萬」は両面待ちになり、「3萬」はカンチャン待ちになり、「4萬」は単騎待ちにも両面待ちにもなります。

トイツ+カンツ+数牌の連続形

2・2・3・3・3・3・4
トイツ+カンツ+数牌の連続形です。待ち牌は最大で「4種13牌」になります。「1萬」「4萬」「5萬」は両面待ちになり、「2萬」は単騎待ちにも両面待ちにもなります。

カンツ含みの連続形

2・3・3・3・3・4・5
カンツ含みの連続形です。待ち牌は最大で「4種13牌」になります。「1萬」は両面待ちになり、「2萬」「5萬」は単騎待ちになり、「4萬」はカンチャン待ちにも両面待ちにもなります。

まとめ

カンツ含み(4枚使い)の7枚形は一見複雑に見えますが、カンツの部分を暗刻(アンコ)または、トイツでそれぞれ考える(除く)とわかりやすくなります。4枚使い自体は出頻度が低いです。

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved