麻雀情報サイト

あがり

麻雀のあがりの形は、雀頭(ジャントウ)1組と、面子(メンツ)4組の計14枚で完成となります。また、麻雀であがるためには役が必要となります。なお、ドラはあがり役には含まれませんあがりには自分の順番であがるツモあがりと、他人の捨てた牌であがるロンあがりがありますツモあがりの場合はツモった人以外の全員で点数を払いますが、ロンあがりの場合は振り込んだ人がすべて払います

例1
平和(ピンフ)

例2
七対子(チートイツ)

例3
国士無双

例1は、4面子1雀頭の手です。門前で両面待ちであがると平和(ピンフ)という一翻役がつきます。

例2は、七対子(チートイツ)という役で4面子1雀頭でなくてもあがれる少し特殊な役です。2枚ずつ(トイツ)を7組そろえると成立します。

例3は、国士無双という役で4面子1雀頭でなくてもあがれる特殊な役です。1・9・字牌をすべてそろえて、そのうちの1種をもう1枚雀頭にすると成立します。

注意点

以下は初心者の方が迷うことの多い局面の一覧です。

まとめ

麻雀は役がないとあがることはできません。タンヤオ・役牌・平和など出現頻度の高い役の条件などは覚えておきましょう。ドラは役ではないのでドラのみではあがることはできません。また、平和や一盃口など門前(メンゼン)が条件の役は、鳴くと成立しないので気を付けましょう。基本は4面子1雀頭ですが、七対子(チートイツ)や国士無双など一部例外となる手役もあるので注意しましょう。
フリテンでロンあがりをした場合は、チョンボとなるので捨て牌はよく見ておきましょう。役なしのあがりもチョンボとなります。

麻雀のやり方・ルール← 初心者麻雀講座 →鳴き

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved