麻雀情報サイト

聴牌やめ(テンパイやめ)の意味

聴牌やめ(テンパイやめ)とは、オーラスで流局(リュウキョク)した際に、親が聴牌(テンパイ)していた場合でも対局を終了できるルールのことです。一般的に親がトップである場合、連荘(レンチャン)せずにそのまま終了させることをいいます。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

オーラス
オーラスとは、最後の局のことです。
流局(リュウキョク)
流局とは、誰もあがることなく局が終了することです。
聴牌(テンパイ)
聴牌とは、あと1枚埋まればあがれる状態のことです。
連荘(レンチャン)
連荘とは、あがりや聴牌(テンパイ)などで同じ人の親が続くことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved