麻雀情報サイト

シャンテン戻しの意味

シャンテン戻しとは、シャンテン数を戻すことです。一向聴(イーシャンテン)から二向聴(リャンシャンテン)や、二向聴(リャンシャンテン)から三向聴(サンシャンテン)に手を戻すことを言います。麻雀は通常あがり、または聴牌(テンパイ)に向かって手を進めていきますが、シャンテン戻しは打点や待ちの広さなど何らかの理由で聴牌(テンパイ)からあえて遠ざかります。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

聴牌(テンパイ)
聴牌とは、あと1枚埋まればあがれる状態のことです。
一向聴(イーシャンテン)
一向聴とは、あと1枚必要な牌が埋まればテンパイする状態のことです。
二向聴(リャンシャンテン)
二向聴とは、あと2枚必要な牌が埋まればテンパイする状態のことです。
シャンテン数
シャンテン数とは、最短で手が進んだ場合に聴牌までに必要な牌の数のことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved