麻雀情報サイト

供託・ツミ棒

供託とツミ棒についてです。

供託

供託
リーチをかけたときや空チー空ポンなどの罰則時に卓上に1,000点棒を出すことです。この点棒はあがった人がもらえ、流局した場合は次局に持ち越されます。

ツミ棒

積み棒
親の連荘か流局時に親が卓上に100点棒を出します。ツミ棒1本につき点数が300点加算されます。ツミ棒2本の場合は600点、3本の場合は900点が加算されます。ツミ棒の数に応じて、1本場・2本場・3本場といいます。親が終わればツミ棒は親のもとに戻ります。

まとめ

供託の多くはリーチ棒ですが3本くらい積まれることはざらにあり、1,000点・2,000点のあがりでも結構な収入になります。リーチ棒や本場が勝敗に影響することも多く、特にオーラスの条件計算などには注意が必要です。

流局← 初心者麻雀講座 →点数

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved