麻雀情報サイト

亜リャンメンの意味

亜リャンメン
亜リャンメンとは、麻雀の手牌の形の一つで搭子(ターツ)と雀頭(ジャントウ)がつながった形のことです。雀頭がない場合に強く、横にも伸びやすく一盃口にもなりやすい形です。ただし、ここが待ちに残った場合は自分で2枚使っているため、目に見えて残り枚数が減ります。

用語集
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行
麻雀用語アクセスランキング
1位 ビタ止め
2位 連対率(れんたいりつ)
3位 平着(へいちゃく)
4位 逆連対(ぎゃくれんたい)
5位 加槓(カカン)
6位 ノベタン
7位 同聴(オナテン)
8位 ダブルワンチャンス
9位 リューハ
10位 西ヨーロッパ

関連項目

両面(リャンメン)
両面とは、両側に受けのあるターツのことです。
搭子(ターツ)
搭子とは、あと1枚で順子となる、2枚の牌の組み合わせのことです。
雀頭(ジャントウ)
雀頭とは、同じ牌2枚の牌の組み合わせのことです。
スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved