麻雀情報サイト

初心者の方に覚えてほしい重要な役

麻雀は、役がないとあがることができません。打ち慣れている方には当たり前のことですが、覚えたての方はすべての役を把握するのも一苦労です。そこで、初心者の方に最初に覚えてほしい、麻雀の役の中で出現頻度が高く、重要な役を紹介しています

立直(リーチ)

門前(メンゼン)聴牌(テンパイ)ときに「リーチ」をかけることで1翻つきます。最もわかりやすく、最も出現頻度の高い役です。

詳しくはこちら →立直(リーチ)

メンゼンツモ

メンゼンでテンパイした状態で、あがり牌を自模る(ツモる)ことで1翻つきます。要するにポンやチーなどをせずに、テンパイしてあがり牌をツモれば1翻です。

詳しくはこちら →メンゼンツモ

平和(ピンフ)

雀頭(ジャントウ)が役牌以外で、面子(メンツ)4組すべてを順子(シュンツ)でそろえると1翻つきます。メンゼンであること、両面待ちであることが条件です。
平和(ピンフ)
詳しくはこちら →平和(ピンフ)

タンヤオ

数牌の2~8だけで手牌をつくると1翻つきます。鳴いてもあがれるため、早くあがりたいときには有効な役です。
タンヤオ
詳しくはこちら →タンヤオ

役牌(ヤクハイ)

三元牌場風自風となる牌を3枚そろえると成立します。鳴いても成立する役です。
役牌
詳しくはこちら →役牌・翻牌(ヤクハイ・ファンパイ)

混一色(ホンイーソー)

1種類の数牌と字牌だけで手をつくれば成立します。ホンイツと略されることが多いです。
ホンイツ
詳しくはこちら →ホンイツ

トイトイ

4つの面子(メンツ)すべてを刻子槓子)で作ると成立します。わかりやすい役でフリテンにもなりにくいので、初心者の方には狙いやすい役です。
トイトイ
詳しくはこちら →トイトイ

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved