麻雀情報サイト

流し満貫とは

流し満貫とは、流局したときに自分の捨て牌が1・9・字牌のみ、且つ捨て牌を他家に鳴かれていない場合に、満貫分の点数がもらえるルールです。

流し満貫の特徴

流し満貫

以上が流し満貫の条件になります。なお、上記の条件が達成されていれば手牌の形は関係ありません。

流し満貫が成立した場合、満貫のツモあがりと同等の点数の支払いが行われます。子であれば2,000・4,000、親であれば4,000オールとなります。また、ルールによっては流し満貫をあがりと同様に扱うルールと流局として扱うルールがあります

あがりとして扱う場合

流局として扱う場合

まとめ

流し満貫は特殊なルール(役)の一つで、ルールによっては採用されていない場合もあります。特に競技麻雀などでは採用されていない場合も多いです。一方オンライン麻雀などでは流し満貫を採用しているルールが多いです。流し満貫の有り無し、あがり扱いか流局扱いかなどルールによって異なるので気になる場合はルールを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved