麻雀情報サイト

初めて麻雀を打つ場合

麻雀のおおまかなルールを覚えたら、実際に麻雀を打ってみたいと思いますよね。ただ、麻雀は通常4人で行うゲームでいざ行うとなると中々ハードルは高いです。初心者の方が麻雀を打つにはどのような方法があるのでしょうか。

オンライン麻雀

天鳳やセガNET麻雀MJなどネット環境があれば、無料(一部有料)で行うことができる麻雀のオンラインゲームが多くあります。多くの場合、CPUと対戦する練習モードのようなものがあり、誰に迷惑をかけることなく麻雀を打つことができます。CPU相手に慣れてきたら、そのままオンラインで対人戦をしてみましょう。

家庭用ゲーム機

PlayStationやNintendo Switchなど家庭用ゲーム機などで麻雀関連のソフトが発売されていて、そちらを購入することで遊ぶことができます。

麻雀ができる人に入ってもらう

友人や知人など実際に麻雀ができる人を含めて4人集められるならそれが一番やりやすいです。気兼ねすることなく質問ができて、平和(ピンフ)のつくケースやあがれないケースなど初心者の方には難しい場面も教えてもらうことができます。4人のうち1人でもしっかりルールを把握していれば問題なく進行することができます。

麻雀教室

昔は麻雀といえば不健全なイメージも強く、初心者や女性の方には足を踏み入れにくかったと思います。現在は、競技麻雀のプロ人気やMリーグ発足などもあり、ゲームとして楽しむ健全な麻雀(健康麻雀)が普及してきています。麻雀のルールやマナー、実際のゲームの進め方などを丁寧に教えてくれます。プロ団体に所属しているプロの方が講師を務めているところもあります。ホームページを見れば誰が教えてくれるのか、どういった雰囲気のところなのかわかると思います。

まとめ

はじめて麻雀を打つ場合は、天鳳やセガNET麻雀MJなどのオンライン麻雀がおすすめです。無料で練習することができ、CPUが相手なので気をつかうこともありません。慣れてきたらそのままオンラインで対戦することもできます。

昔の麻雀は不健全なイメージが強く、麻雀をやらない方や女性の方には印象はよくないと思います。Mリーグの発足やオンライン麻雀などによって、気軽に麻雀に触れることができ昔よりも麻雀や麻雀プロが身近な存在となりました。それにともない健康麻雀のお店や麻雀教室なども増えてきていて、女性や初心者の方でも入りやすい優しく丁寧なお店も多くあります。

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved