麻雀情報サイト

4枚形の強い形

麻雀の4枚形のよくある強い形についてです。

連続形

連続系
左の萬子のような真ん中の連続形は受け入れ枚数・良形の枚数が非常に優秀です。1~8の萬子が有効牌となり、2萬・4萬・5萬・7萬が良形で、そのうち2萬・7萬は3メンチャンになります。手牌を横に伸ばしやすいうえ、雀頭がないような形にも強く4枚形の中でも非常に強い形です右のピンズのように牌が端に行くほど、受け入れの種類・枚数は減り比較的に弱くなります

中ぶくれ

中ぶくれ
有効牌の牌種自体はそれほど多くありませんが、良形の可能性が非常に高く優秀です中ぶくれの形は有効な牌種は5種ですが、そのうち4種がリャンメンとなるため、よい形が残りやすくなります。ただし、1・9牌が入ってしまうと受け入れは狭く、悪い形になりやすいので注意が必要です。

亜リャンメン

亜リャンメン
亜リャンメンはターツと雀頭がつながった形で雀頭がないような形にも強く、右の萬子の形で見てみると3・4・5・5・6のように横に伸びたり、3・4・5・5・5のように様々な変化が考えられます。また、3萬や4萬をひくと一盃口(イーペーコー)も見えてきます。ただし、ここが待ちに残った場合は自分で2枚使っているため、目に見えて残り枚数が減ります

順子+孤立牌

順子+孤立牌
上記の萬子の3・4・5・7のような順子に1枚飛んで孤立牌があるような形は通常の孤立牌よりも若干強いです最大のメリットは6萬をひくことによって3メンチャンの強い形ができます。また、上記の萬子のような形は通常の孤立牌と違って2萬をひくことでもカン6萬受けができます。右のピンズのような形では、間の8ピンが埋まっても3メンチャンの形にはなりませんが、単純な9の孤立牌よりは強いです。

まとめ

上記のような4枚形の形は実際の麻雀では常にでてくるので、それぞれのメリット・デメリットを覚えておきましょう。基本的には真ん中の牌ほど有効牌の牌種・枚数が多く強いです

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved