麻雀情報サイト

楢原和人プロが第14期令昭位決定戦優勝

RMU、最高峰のタイトル戦である第14期令昭位決定戦の最終節が10月9日に行われ楢原和人プロが優勝。なお、楢原プロにとっては初の令昭位獲得となる。

概要

令昭位決定戦はAリーグの第10節~第12節、1日4回計12回が決定戦となります。決定戦進出者は「阿部孝則」プロ、「松ヶ瀬隆弥」プロ、「白田みお」プロ、「楢原和人」プロの4人です。阿部プロと松ヶ瀬プロは過去に令昭位獲得経験のあり、楢原プロと白田プロは優勝すれば自身初の令昭位となります。特に白田プロは優勝すれば女性初の令昭位となります。

第1節は暫定1位の楢原プロがポイントを伸ばし、2位の松ヶ瀬プロがポイントを減らしたため、楢原プロが他に100P以上の大きな差をつける。第2節は阿部プロが2-1-3-1で大きくポイントを伸ばし、反対に暫定1位の楢原プロが3-3-2-4と大きくポイントを減らして、阿部プロが暫定1位となります。

最終節では、3回戦までに松ヶ瀬プロが大きくポイントを伸ばし、3回戦終了時点で3人に可能性が残る展開でしたが、最後は終始攻めの姿勢を貫いた楢原プロがトップをもぎとり自身初の令昭位となる。

楢原和人プロ概要

RMU(リアル・マージャン・ユニット)のS級ライセンス。雀風は攻撃型。攻撃的で強気な麻雀だが、切り順や捨て牌など細かい部分は繊細で、攻め一辺倒ではなく競技麻雀にアジャストした打ち方。キャッチフレーズは「怪物」。

まとめ

第14期令昭位決定戦は楢原プロが初の令昭位という結果となりました。全日程通じて強気な姿勢を崩さず、力強い麻雀で見事優勝した楢原プロですが、令昭位を獲得したことにより今後は、自団体・他団体問わず放送対局で目にする機会も増えそうです。
阿部プロと松ヶ瀬プロは、それぞれ自身の持ち味を生かし、タイトル戦慣れした隙のない麻雀でしたが惜しくもあと一歩というところで今回は優勝を逃しました。白田プロは最終日は優勝の厳しい立場となり難しい麻雀を強いられましたが、今後も女性初の令昭位の誕生に向けてますます期待が寄せられます。

スポンサードリンク

本日が誕生日のプロ

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved