麻雀情報サイト

小島武夫

競技麻雀のプロ、小島武夫(こじまたけお)プロについてです。所属団体・獲得タイトル・生年月日・出身地・血液型・選手の雀風や特徴などを記載しています。

プロフィール

名前 小島武夫
読み こじまたけお
愛称 ミスター麻雀
所属 日本プロ麻雀連盟
生年月日 1936年2月11日
出身地 福岡県
血液型 O型

日本プロ麻雀連盟初代会長。同団体最高顧問。2018年5月28日に死去。享年82歳。

「魅せる麻雀」を信条とした手役派。ただ、手役を追うあまりに利を逸することも多く、浮き沈みの激しい麻雀。手役や打点を重視しており、フリテンリーチも厭わない。結果よりも魅せる麻雀にこだわりを持つ。好きな手役は一色手・三色同順。

テレビ番組の「11PM」などに出演で人気に。阿佐田哲也氏・古川凱章氏らと「麻雀新撰組」を結成し行動を共にする。若い頃は雀荘で働いていた経験があり、イカサマにも詳しく番組などでイカサマを実演したことも。

「ガハハハ」と笑う姿が印象的で、麻雀はもちろんそのキャラクターも人を惹きつける要因の一つ。小島プロの対局の中でも特に有名なのが、第3回名人戦での萬子の九蓮宝燈で、その力強いツモあがりは亡くなった現在でも多くの人記憶に残る。

「ミスター麻雀」の異名を持ち、麻雀界内外問わず高い知名度を持った麻雀界のレジェンド。

獲得タイトル

外部リンク

関連項目

※選手名で検索できます。

スポンサードリンク

麻雀役一覧

点数計算・符計算

競技麻雀の主なプロ団体一覧

競技麻雀プロ雀士

その他

インフォメーション

Copyright (c) 2014 麻雀情報サイト All right reserved